【サプリメント】クレアチンを飲むことで得られるメリットとは?

こんにちは!

カロリートレードジャパン昭和区店です!

皆さんは普段からサプリメントを活用していますか?

筋トレを行っているとさまざまなサプリメントを使っている人を見かけますがその中でも今回はクレアチンについてのメリットなどをお話していきます。

サプリメントは、手軽に栄養素を補給できるためとても便利なものです!

頼りすぎてしまうことは注意が必要ですがうまく活用していくことでカラダの健康を保っていきましょう!

クレアチンとは?

クレアチンとはアミノ酸の1種で、体内で合成されてクレアチンリン酸として筋肉に存在しており筋肉にエネルギーを補給してくれるため瞬間的にパワーを与えてくれるのです!

無酸素運動のように強度の高いトレーニングを行う時にクレアチンを飲んであげることでエネルギーを生成しサポートしてくれるため、パフォーマンス向上の効果が期待できるのです!

有酸素運動においてクレアチンは効果としてはほとんどないため無酸素運動を行う時に飲んであげましょう!

クレアチンで筋肉のサポート!

クレアチン自体に筋肉の増加や脂肪燃焼の効果はありませんが無酸素運動において強いチカラを発揮できるため筋肉の増加や脂肪燃焼にもつながっていきます。

アスリートのように激しいトレーニングを行っている方はクレアチンを多く消費してしまうため積極的に肉や魚などたんぱく質を多く含んでいる食事を取り入れていくと良いのです!

クレアチンによるパンプアップ

パンプアップとは、筋線維間に代謝物が溜まり浸透圧を調整するために毛細血管の血液から血しょう成分が流れて血管が水膨れのような状態になることを言います!

瞬発的かつ高強度のトレーニングが行えるためパンプアップの効果も高めてあげることができるといえるでしょう!

クレアチンによる筋トレのメリット

筋トレでのパフォーマンス向上

クレアチンをとることで筋収縮に必要なエネルギーを補給してくれるため高強度の負荷にも耐えられるようになるのです。

筋トレだけでなく水泳や陸上競技などにも有効になってきます。

筋トレでは挙上重量が伸び水泳や陸上競技では記録が早くなるなどのメリットがあります。

筋肉の増加

強度のトレーニングのサポートをしてくれるため筋肥大につながっていきます。

直接的ではなく間接的な効果なのでクレアチンを飲んだだけでは筋肥大になるわけではないので注意が必要です。

筋肉の疲労の軽減

クレアチンには、筋肉の疲労の原因である酸化を防ぐ効果があるのです。

筋トレのようなハードなトレーニングに分泌されてしまう酸化物質の合成を妨げてくれるのです!

疲労が溜まりやすい筋トレ後にしっかりと筋肉が回復するように働いてくれるのです!

クレアチンの飲み方

1日1杯5グラムを目安に摂りましょう。

クレアチンは水に溶けにくいためお湯などの温かい飲み物に溶かして飲むことがおすすめです。

飲むタイミングとしてはトレーニングを行う場合はトレーニング中にワークアウトドリンクとしてプロテインやEAA,Bcaaに混ぜて飲むことがおススメです。

運動やトレーニングをしない場合は食後に摂るようにしましょう!

まとめ

筋トレを行うようになると豊富なサプリがあるため何を飲めばいいのかわからなくなることがあります。

サプリによってカラダ、筋肉への効果は異なっているのですしっかりと調べて自身のカラダに合うサプリを見つけてあげましょう。

何を飲めばいいのかわからなくなったりサプリを飲むことに抵抗がある場合には無理には使用しなくてもよいので安心しましょう!

今では、さまざまなサプリがドラッグストアだけでなくコンビニなどに売られていることもあります。

情報も多い中で間違った情報にとらわれないように気を付けてサプリを活用していきましょう!

 

カロリートレードジャパン昭和区店は完全個室のマンツーマントレーニングのパーソナルジムになります。

コロナ禍の今でもリスクを最小限に抑えたうえで人目も気にすることなく安心してトレーニングに取り組む環境となっております。

今の自身のカラダを変えたい、理想のカラダになりたいと本気で思っている方は是非一度お問い合わせください!

無料カウンセリングでお客様のお話を聞いて、コミュニケーションをとっていき体験トレーニングでパーソナルジムといった空間を体感していただきます!

パーソナルジムの雰囲気を味わってみたい、カラダの悩みを聞いてほしいなどどんなきっかけでも構いません!

トレーニングが初めてといった方も気軽にお問い合わせください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

カロリートレードジャパン昭和区店

トレーナー

石川輝

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。