大学生必見!筋トレすることで学業・私生活にメリットが多い!

こんにちは!

カロリートレードジャパン昭和区店です!

大学生になると運動する機会が減り、20歳を超えると飲み会など飲食の場が増えることで太ってしまう方が多いです!

そこでおススメするのが筋トレです!

「ジョギングやウォーキングではダメなの?」と思う方もいるかと思いますが、筋トレはダイエット効果だけでなく私生活においてもさまざまなメリットがあるのです。

若いうちから筋トレをしておくことで加齢に負けない健康的なカラダを作ることもできます!

若いからこそ挑戦できることは多いので、ぜひ筋トレに挑戦してみてください!

大学生が筋トレをするメリットとは?

筋トレをして学業だけでなく私生活も豊かにしていきましょう!

筋トレのメリットを見ていきましょう!

勉強の作業効率UP

筋トレをすることで睡眠の質が向上し、自律神経が整うことで集中力UPにつながります。

睡眠は肉体だけでなく精神の回復のも関わっているため、睡眠の質が上がることでストレスの緩和や不安定な気持ちを安定することができます。

自律神経が乱れてしまうと交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい夜寝るときに交感神経(覚醒状態)が強くなってしまいカラダがリラックスできなくなってしまうのです。

また幸せホルモンと言われているセロトニンや成長ホルモンが正常に分泌されることで気持ちもスッキリして集中力UPします!

太りにくいカラダになる

20代はまだ若いからと安心していませんか?

お酒や喫煙などの関係もありますが、20代になると10代のころと比べて多い人で筋肉量がおよそ30%減少している人もいるのです!

筋肉量が減るということは基礎代謝も低下してしまい太りやすいカラダになってしまいます。

生活リズムが整う

何も予定がないとダラダラしてしまい一日が終わるそんなこともあるかと思います。

筋トレを行うことで「一日の中でこの時間は筋トレにあてよう!」となるので、メリハリのある生活リズムが整った生活になります。

また、筋トレを行うことで食生活や睡眠時間にも気を遣うようになるため、健康的な生活を送れるようになります。

就活も有利になる

第一印象は見た目がおよそ7割以上関係しているため、面接の時に面接官に好印象を与えることができます!

見た目は服装や髪型だけでなく体系も関係しています。

メリハリのあるカラダだと私生活で自身の管理がしっかりできている、自分を甘やかさないなど見た目がしっかりしていると相手に印象良く思われます!

筋トレを行うポイント

筋肉が成長するうえで、筋トレだけでなく食事の栄養バランスや睡眠の質も重要になってきます。

不足しがちなタンパク質やビタミン・ミネラルを摂るためにプロテインやサプリを活用し、夜は夜更かしや寝る前のスマホの使用や入浴、食事は避けて就寝に時間前から準備をしましょう!

また、筋トレを毎日行う方もいると思いますが、毎日やると筋肉が回復しないため逆効果になってしまうことがあります。

筋トレは週に3回ほど行い休息日も取るようにしましょう。

まとめ

大学生になることでお金もある程度持てるようになり飲食の場が増えたり、20代超えるとお酒や喫煙によって体重も増えやすくなってしまいます。

若いからこそいろいろなことに挑戦できると思うのでぜひ筋トレに挑戦して趣味にしていきましょう。

「ジムに通うのは勇気がでない!」「パーソナルジムだと単価が高い!」そんな時は当店の通い放題DAYTIMEコース!

一日1650円~利用でき、通常のプランだと週2回程度ですが、通い放題プランなので3回でも4回でもご利用いただけます!

今なら体験&カウンセリングが無料となっていますのでぜひ悩みがある方、トレーニングに興味があるかたなどぜひこの機会を見逃すことのないように!

 

カロリートレードジャパン昭和区店は完全個室のマンツーマントレーニングのパーソナルジムになります。

コロナ禍の今でもリスクを最小限に抑えたうえで人目も気にすることなく安心してトレーニングに取り組む環境となっております。

今の自身のカラダを変えたい、理想のカラダになりたいと本気で思っている方は是非一度お問い合わせください!

無料カウンセリングでお客様のお話を聞いて、コミュニケーションをとっていき体験トレーニングでパーソナルジムといった空間を体感していただきます!

パーソナルジムの雰囲気を味わってみたい、カラダの悩みを聞いてほしいなどどんなきっかけでも構いません!

トレーニングが初めてといった方も気軽にお問い合わせください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

カロリートレードジャパン昭和区店

トレーナー

石川輝

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。